海洋深層水100%♪『天海の水』を飲み比べよう!


人間の身体に必要不可欠な水分

人間の身体の約60%は水分で満たされています。身体の水分が不足すると体温調節や身体の機能がトラブルを起こしたり、その他に美容や健康にも大きく影響してきます。身体の3分の2が水分なわけですから、毎日の飲み水を変えれば身体にも大きな変化が期待出来ますよね。水選びにこだわって、体質改善してみませんか?

水の「硬度」ってなぁに?

「軟水」「硬水」と耳にすることがあると思いますが、その違いは水の硬度によって区別されていて、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの濃度で表されています。軟水は硬度120mg/1L以下、硬水は120mg/1L以上としています。色々なミネラルウォーターを試していると、重い口当たりで苦みがあるのが「硬水」、まろやかでサッパリしているのが「軟水」と味の違いを感じているのではないでしょうか?日本人は軟水に慣れているので。軟水が飲みやすいと感じている人が多いようです。

「硬水」の特徴が知りたい♪

硬水は、マグネシウムとカルシウムが比較的多く含まれていることが特徴です。そのため、スポーツの後などのミネラルを補給するのに適しているといわれています。美容や健康のことから考えても、硬水のほうが効果が期待出来ます。また、ダイエットにも適していると言われているのが硬水です。食事制限で不足しがちなミネラルを補充することが出来たり、腸を刺激されるので、便秘解消もしてくれますが、飲み過ぎは下痢を起こすこともあるので、注意が必要です。

『天海の水』で硬度の違いを実感しよう☆

高知県室戸沖の海洋深層水を100%使用した「天海の水」は、スッキリとまろやかな飲み口で、マグネシウムやカルシウムなど豊富なミネラルを手軽に補給することができます。毎日の健康や美容、デトックスや血液サラサラ効果で代謝UPもサポートしてくれます。「天海の水」の最大の特徴は「山の水」ではなく「海の水」を100%使用していること。海洋深層水ならではのミネラルが豊富に含まれています。そして、硬度の違う3種類のミネラルウォーターが揃っていること!硬度が高いほどミネラル量は多くなっています。サラサラとしていて飲みやすい「軟水」、硬水初心者にオススメの「硬度250」、ミネラルたっぷりの「硬度1000」があり、好みや体質、目的や生活環境に合わせて選んでみましょう。まずは、この3本の飲み比べセットで、その違いを実感してみてはいかがでしょうか?
詳細ページへ